保険会社との示談交渉

通院や入院などを終えたら慰謝料の交渉を相手方の保険会社と行いますが、保険会社は保険のプロなのでなかなか慰謝料で満足できる結果を出すことはできないものです。

そんな時に弁護士に依頼をすればスムーズに解決できることも多いものです。弁護士に相談をすれば交渉中の慰謝料に関して適切な金額を出してくれます。

その金額を見れば交渉時に保険会社が提示した金額が適切なものかどうかがわかるものです。

自分だけで考えていても正しい金額はわからないものなのです。ですから弁護士にまず相談をして金額の相場を把握することは意味があることです。

直接保険会社との交渉をしていても適切な金額の提示はまずないものです。

それは保険会社が多くの慰謝料を支払いたくないというスタンスから来るものです。ですからなかなか納得できる解決は難しいと言えるでしょう。こんな時にいつまでも交渉をしていても時間の無駄になることがあります。交渉に弁護士に依頼をすればもっとスムーズに交渉を行ってくれますし、また納得できる金額を得ることができるものです。

さらに保険会社との交渉はストレスが多く辛いものですが、弁護士に依頼をすれば精神的な苦痛を感じることもありません。

示談で弁護士に依頼